歯医者さんが怖くなった原因と虫歯予防に聞く歯磨きの仕方

 

irebaa

私が歯医者さんに行くのに怖くなった原因は幼少期に経験したトラウマが原因で大人になるまで歯医者さんに行くのが怖くて仕方ありませんでした。

私は幼少期から甘い食べ物が大好きでその中でも特に好きなのが食べ物が飴です。私は幼少期に飴をよく噛んで食べていました。現在でもその癖があるのですが、飴を噛んで食べていると当然虫歯になり歯医者に行くことになりました。

幼少期ということもあり歯医者さんに対するイメージは物凄く怖いというイメージを抱いていました。そして治療が始まりました。その時に経験した麻酔の痛さと歯を削られる音で治療後、私は号泣しました。それ以来、大人になるまで歯が痛くても何とか我慢し歯医者に行きませんでした。

しかし、ある時物凄く歯が痛くなり、これは歯医者に行かないとやばいと思い、インターネットで『歯医者痛くない治療』というキーワードで検索し該当する歯医者に行きました。名前を呼ばれ治療室に入るととても緊張しました。治療が始まり、麻酔を射たれるとやはり痛かったですが、歯の削られる音の怖さは解消していてむしろ歯が削られている時は気持ち良いと思いました。

この経験から言えることは、今のお子さん達が幼少期から虫歯にならないように心から願っています。何度かの通院も終わり、そして最後に歯科衛生士の方が虫歯予防に聞く歯磨きの仕方を教えて下さいました。

まず1回目は歯磨き粉なしで歯ブラシを縦に持ち、歯の間と歯茎を縦に磨くと良いと教えて下さいました。2回目に歯磨き粉をつけて1回目と同じ磨き方をすることで虫歯の予防になると教えて下さいました。これが私の体験談です。

 

渋谷で総入れ歯・部分入れ歯を作るならここの歯科医がおすすめ!

 

 

 

 

 

コメントを残す