毛穴汚れに悩んだ私が最近やっている事

毛穴汚れは日々の悩みのうちの一つです。朝洗顔をメイクをする時、鏡に向かって自分の顔を見るとまず気になるのが毛穴です。毛穴の汚れをいつから気にするようになったのでしょうか。随分前から気にして来ましたが、この数年切実な問題になって来たように思います。メイクをする時に毛穴を埋めるようにファンデーションを塗るのですが、開ききった毛穴から覗く角栓が悪目立ちしてしまって悲しい思いをします。そんな肌を見られたくないので、他人には近くから見て欲しく無いのですが、そんな訳にも行かず、毛穴の汚れだけで朝から暗い思いをしています。

もちろん毛穴汚れに対して何もしていない訳ではありません。忌々しき毛穴汚れを取去りツルツルの肌を手に入れるべく様々な方法を試してみました。一番簡単なのは、毛抜きで角栓を引っこ抜く事です。朝の忙しい時間に毛穴の汚れを気にしてしまったときはささっと角栓をつまんで抜いてしまうと便利です。中にはこんなに汚れが溜まっていたのかと驚くほど大きな角栓があったりして、取れると気持ちがよくなります。しかし、一回引き抜いた毛穴はその後も立派な角栓ができるので根本的な解決にはならないようです。毛穴パックもそういった理由で一時は角栓が取れてスッキリするのですが、毛穴汚れを取り除くには良い方法にはなりませんでした。

他にも洗顔やオイルマッサージ等、毛穴汚れに良さそうな方法を色々試したなかで、これは良いなと思ったケアは、『毎日の洗顔をきっちりする』『洗顔後の保湿ケアをしっかりする』という2点でした。この二つの方法は一回で毛穴汚れがごっそり取れるように感じられないのですが、毎日のケアをする事で少しずつ毛穴の角栓が小さくなってゆき、毛穴の開きが目立たなくなってゆくように思います。どちらも共通して気をつける事は、『毛穴汚れをなるべく気にしすぎないこと』です。

今でも鏡に向かうと毛穴汚れをどうしても気にしてしまいます。でもその毛穴達は日々の不摂生や肌のケアを怠ってできたものなので、今すぐ毛抜きで引き抜いたり洗顔で洗い流したりして無理矢理取り去ることは難しいものです。毛穴汚れが目で確認できる程までに成長してしまった原因は自分にあるのです。気にしすぎて肌を執拗に触りさらに痛めてしまうより、毎日の洗顔を正しい方法でしっかりすることと、洗顔後の顔にたっぷりと潤いを与えて保湿をしてあげることが毛穴汚れに一番効くということが最近わかってきました。毎日毎日ケアをするのはめんどくさい事です。疲れて家に帰って早く寝たい時もありますし、保湿ケアを怠ってしまう事もあります。でも何もしないと確実に毛穴の汚れは溜まってしまい、翌朝鏡を見て毛穴の開き具合にがっかりしてしまうのです。

コメントを残す